ピアニスト「ハラミちゃん」の絵日記

 2024年3月13日に日本テレビで放送された「上田と女が吠える夜」で紹介の「ハラミちゃんの絵日記」の情報です。

 番組は「凝り性な女」というテーマでした。
 ゲストのピアニスト「ハラミちゃん」は、「凝りすぎ」の絵日記を紹介。
 フランスでの思い出を、一枚の絵にまとめた力作でした。

 昨年末(2023年)に雑誌の手帳特集でも紹介されていた絵日記だったので、改めて「すごいな」と思いました。ピアノもあんなに上手いのに、絵も上手いなんて、どういうこと?!

目次

ピアニスト「ハラミちゃん」の絵日記

 私は「手帳」が趣味なので、日経ウーマンの手帳特集を毎年買っています。
 毎年、11月号になると「手帳特集」と万年筆の付録がセットで発売。過去には万年筆欲しさに、毎回買っていましたが、2023年の11月号は付録なしバージョンにしました。

※「日経ウーマン」万年筆のカートリッジの話はこちら

 この2023年11月号に、ピアニストのハラミちゃんの手帳が詳しく紹介されています。


日経ウーマン2023年11月号【表紙:橋本環奈】

 中でも、私が驚いたのが「ハラミちゃんの絵日記」。

 フランス旅行の思い出を、イラストと文字で絵日記にされています。

 今回「上田と女が吠える夜」でハラミちゃんが言うには、何度も修正して1年以上描き続けているとのこと。

 「日経ウーマン」の紹介ページには「タブレットにイラストでも記録」「学生時代からその日の出来事を絵日記にするのが好き。今はiPadも活用」と紹介されているので、デジタルで作成された絵日記です。デジタルだからこそ、修正もできるのかな?細かい部分は雑誌では見づらく、もっと大きな画像を見たいと思いました。

 さらに「日経ウーマン」では、学生時代にハラミちゃんがつけていたという「絵日記」(こちらは手書きのイラスト)も掲載されていました。こちらも旅行記のような内容で、旅の思い出がイラストで描かれています。

ピアニスト「ハラミちゃん」の絵日記Instagram画像

 雑誌「日経ウーマン」も、テレビ「上田と女が吠える夜」も、「ハラミちゃんの絵日記」がもっとよく見たいのに、小さすぎてよく見えない。

 特に、絵日記の左側にあるフランスのどこかの絵?寺院?建造物?めちゃくちゃ細かくて、細密で、拡大して見たいけど(なんせ、老眼なもので・・・)、どこかに公開されていないのかな・・・・と思って探したら、普通にハラミちゃんのInstagramにありました。

 なんだ!もっと早く、探せばよかった。

 右側の細かい建造物は、フランスのリヨン駅にある「ル・トラン・ブルー」というレストランの風景(内装)でした。絵の具で塗ったみたいな仕上がり、iPadで描いているのかな?すごい、すごい。

 私が強く「ハラミちゃんの絵日記が見たい!」と思ったのは、似たような絵日記を自分も描きたいから。

 でも、見れば見るほど、
「無理。とてもこんなに上手に描けない」
 て落ち込みました。

 天は二物を与えずと言うけど、あんなにピアノ上手くて、絵もこんなに上手いなんて!

私は手帳にスクラップを貼る

 わたしなんてピアノはねこふんじゃったも弾けないし、絵も全然上手くない。

 ハラミちゃんのインスタには、この他にもフランスの思い出を絵にした絵日記が公開されています。

 つい先日、「ストリートピアノ イギリス編」がNHK-BSで放送されることが告知されました。「イギリス編」の絵日記も楽しみです。

 私は、手帳を書くのが好きで、イラストも描きたけど描けない(下手くそ)ので、シールやスクラップで誤魔化してばかり。

 スクラップは子ども頃「看板屋」だった父もやっていた趣味?勉強方法かな?

 今となっては「まだ製造されてたんだ!」と驚きの、コクヨのスクラップブックが、幼い頃棚にズラッと並んでいました。


コクヨ(KOKUYO) スクラップブック D ドットガイド入 A4 5冊セット ラ-D40X5

 父は新聞や雑誌、チラシなどで見つけたイラストや書体(フォント)、デザインなどを切り抜いて、スクラップブックに貼っていました。自分が看板を描くときの参考にするのだ、と言いながら。

 私の場合は、参考にするためではなく、そのままイラストの代わりに切り抜きを手帳に貼っています。ただ、あまり沢山シールや切り抜きを手帳に貼ると、手帳自体が分厚くなって、ゴワゴワになるので、できればイラストが描きたい。

 だから「ハラミちゃんの絵日記」は私の理想。あんなふうに、手帳にイラスト描けたらいいのに。下手は下手なりに、自分もがんばって絵日記描いてみよう。とっても勉強になりました。

目次